人気ブログランキング |
上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
カテゴリ:万葉線( 6 )
万葉線の延伸案2ルート、収支プラス

-------------------- 引用ここから --------------------

 第3回高岡市総合交通戦略策定協議会は19日、市役所で開き、市は、同市と射水市をつなぐ路面電車・万葉線の延伸検討結果を示し、9延伸ルート案のうち収支がプラスになるのは2ルートであると報告した。

 同協議会の委員らが、昭和町方面へ3ルート、北陸新幹線新高岡駅方面へ6ルートの延伸案について、架線の新設を必要としない蓄電池式ハイブリッド車両を導入すると想定して試算した。

 収支がプラスになると試算されたのは各方面1ルートずつ。昭和町方面は高岡商業高校付近まで2・2キロ延伸した場合で、事業費76億円、年間利用者31万8千人、収支は年800万円のプラスとなる。

 新高岡駅方面は国道156号を経由し卸売市場口交差点を左折して新高岡駅西側まで3・5キロ延伸した場合で、事業費107億円、年間利用者37万9千人、年1千万円の黒字。

 ほかの7ルートは、年800万円~2500万円の赤字になると試算された。

 昭和町、新高岡駅の両方面へ延伸した場合が、最も経済波及効果や人口増効果が高いという分析結果も示された。

(後略)
c0016003_13004769.jpg
-------------------- 引用ここまで --------------------


昭和町方面ルートは良いと思います。

でも・・・、えーっ・・・
新高岡駅方面ルートは、高岡市内の渋滞スポットである南町交差点から
156号線を南下するんですかぁ・・・。

# 新幹線を降りた県外客はこんな遠回りして市街地へと向かいたいかな。
# 城端線のようにまっすぐ北に向かいたいんじゃないかな。

# 軌道の分だけ156号線の車線は減らされるのかな。
# このルート案じゃ、渋滞緩和は見込めなくて、逆に渋滞が増えそうな気がする。
# 新ルート沿線住民の利用もそれほど見込めない感じだし・・・。
# これは本当なのかなぁ。本当にこのルートしかないのかな?


高岡市のこの報告書はネット上ではまだ見つけられませんでした。
まぁ、市役所に行って質問すれば教えていただけるでしょうが・・・、
前回記事の射水市のようにpdf文書でアップしていただけると嬉しいなぁ。


やっぱり、JR西日本さんと協議を重ねて、
"互いにとって良い条件"で城端線、氷見線を引き受けて、
三セク化&高頻度運転化したほうが呉西のためにも、高岡のためにもいいですよね。

欧州ではさかんに行われていることです。

富山市ですら、城端線より圧倒的に採算のとれなかった富山港線を
まちづくりの道具として再生させ、15分間隔運行を実現しています。

福井県でも第三セクター(えちぜん鉄道)と福井鉄道が相互乗り入れするなどの
工夫を凝らしていらっしゃいます。

なぜ我々の高岡市だけが、こんなにのんのんびよりとした議論をしているのでしょうか!?

高岡には呉西地区内でのリーダーシップを発揮してほしい。がんばれ!!


by toidemachi | 2014-02-28 13:02 | 万葉線
万葉線のハイブリッド電車 2014年夏 走行試験
万葉線のハイブリッド電車 この夏 走行試験 中日新聞(2014/02/06)より 
-------------------- 引用ここから --------------------

子ども体験乗車も検討
 高岡、射水市は今夏、両市を結ぶ路面電車万葉線で、高性能バッテリーを使い架線のない区間も運行できる「ハイブリッド電車(架線・バッテリー型)」の走行試験をする。夏休み中の子どもたちに体験乗車してもらうことも検討しており、県の支援を受け、今後時期などを詰める。
(中略)
 ハイブリッド電車は架線が不要で、通常の電車に比べて工事費を軽減できるメリットがある。高岡市は昨年の十二月市議会で、同研究所や国、県などと試験を協議していることを報告していた。

c0016003_11595479.jpg
写真:今夏に万葉線で走行試験が実施される鉄道総合技術研究所のハイブリッド電車「ハイ!トラム」=東京都国分寺市で

 高岡市では、片原町交差点から同市波岡地区の高岡商業高校までの二・五キロの延伸などを求める民間団体が一月に設立され活動を開始。射水市は昨年九月にまとめた「市公共交通プラン」で、海王丸パーク周辺への延伸を検討項目に挙げている。

-------------------- 引用ここまで --------------------

大きなイベント開催時の海王丸パーク周辺の渋滞は大変なので、
パーク&ライドによるお客様の輸送は面白いかもしれません。

(どこにクルマを停めていけばいいかな?やっぱり高岡市役所周辺の駐車場か・・・。)


射水市公共交通プラン(本編)より「万葉線、海王丸パーク周辺への延伸案」
c0016003_12035245.jpg
「案1」と「案2」の2案があります。

# "あくまで"個人的には・・・・、
# 「案1」にして海王丸⇔越ノ潟間は廃止にしたら良いと思います。
# 高岡駅前→あいの風プロムナード行きが30分間隔、
# 高岡駅前→越ノ潟行きが30分間隔だなんてなったら・・・わかりにくすぎます。
# 「案2」は、目的地が海王丸パークである場合、"遠回り感"があってイヤですねー。
# 多少の道路渋滞があっても万葉線を利用せずに、クルマで行きたくなってしまいます。


ハイブリッド電車の走行試験を架線区間(越ノ潟⇔高岡駅前)
で行っても面白くありません。是非、城端線に乗り入れさせ、
新高岡駅(新幹線駅に併設される城端線新駅)間で試験していただきたいものです。


by toidemachi | 2014-02-28 12:15 | 万葉線
「万葉線延伸を考える」市民フォーラム(2013/12/06)
この度、高岡市に「万葉線を延伸する会」という会が発足することになりました!

この「万葉線を延伸する会」主催の市民フォーラムが2013/12/06(土)に開催されます。

c0016003_1845394.jpg


-------------------------------------------

「万葉線延伸を考える」市民フォーラム

日時: 2013/12/06(土) 19:00~21:00

会場:高岡市生涯学習センター4Fホール
  (ウイングウイング高岡 4Fホール)
  (富山県高岡市末広町1-7)

定員:200名

参加費:無料

●私たちは、高岡の交通を便利にし、まちの魅力を高めるため
 万葉線の遠心が必要であると考えています。

●延伸を推進する区間は、片原町~波岡までの2.5kmです。
 また新高岡駅までの延伸も創造します。

●この度「(仮称)万葉線を延伸する会」を設立し、
 実現化に向けた活動を開始します。

●万葉線の延伸には、多くの市民の議論が必要です。
 活性化や公共交通等のみなさまの声をお聞かせ下さい。

  ====プログラム====

  提案1: 2014新高岡協議会:万葉線延伸計画

  提案2: RACDA高岡が考える路面電車

  意見発表:沿線の高校生から/アンケート調査結果 等々


-------------------------------------------


これまで万葉線について様々な活動を行ってきた「RACDA高岡」は
一般市民有志のみのグループでした。

しかし(噂によれば)、「万葉線を延伸する会」は
政治家の方々とも親しく活動を行っていかれるようです。


いよいよ、高岡市にも具体的なうねりが起きるのかー!?

乞うご期待!!



----北日本新聞(2013/11/22)記事より転載(ここから)---

c0016003_20464681.jpg

----北日本新聞(2013/11/22)記事より転載(ここまで)---
by toidemachi | 2013-11-21 18:46 | 万葉線
第2回 万葉線昭和通り延伸フォーラム(2013/11/9)報告
2013年11月9日(土)ウイングウイング高岡1Fにて開催された
第2回万葉線昭和通り延伸フォーラムに参加して参りました。

c0016003_23571529.jpg


参加者はおよそ80名。うち40名弱は沿線となる高岡商、高岡第一、高岡西の高校生でした。

善光孝氏からは延伸に関して
「建設費用は概算で36億円(高速道路700m分)」
「想定乗客数は、68万人/年間」
という具体的な数字が示され、
「地域にもたらされる便益を含めて【黒字】採算となる。」
と発表されました。

中川京都大学大学院教授からは、
富山県朝日町で社会実験が行われている「あさひまちバス」の紹介がありました。

その後、高岡商、高岡第一、高岡西の高校生代表から、
通学と万葉線に関するアンケート結果の報告がありました。

# 特筆できるのは高岡西高校でした。
# このフォーラムを、単なるアンケート発表の場としてではく教育の一環として
# 活用なされておられました。
#
# きっと、先生が熱心にプレゼンテーションについて指導されたのだと思います。
# 非常にレベルの高いプレゼン資料、及び発表報告でした。
#
# 発表されたのは女子学生さんでしたがカッコ良かったです♪


パネルディスカッションでは、
「富山市内の高校の多くは路面電車(市電)の近くに位置しているのに対し、
 高岡の高校生(高岡商、高岡第一、高岡西)は自転車を使わざるをえない。」
「しかし、400年の歴史を持つ城下町であった事情もあり直線道路が少なく、
 道路の視界が悪い。道が凸凹であったりもするので自転車通学は危険。」
「雨や雪の日が年間の1/3を占める。歩くと30分かかる。
 バスは遅れることが多く、バスが満員で乗れなくて遅刻する生徒もいる。」
「高岡の明日を担っている若者らから『万葉線を延伸してほしい』という声が
 上がっている。
 大人が軽率にこれを潰すべきではない。
 これまでも若者の意見を軽視してきたために現在の高岡の停滞があるのではないか。」
といった意見が出されました。

パネルディスカッションの質疑応答では、参加者から、
「高岡市は今でも大きな負債を抱えている。」
「バスで十分。LRTなんて無駄ではないか。」
「2,3kmくらいは歩くのが当たり前。」
といった意見が出されました。

# オープンな場で、
# ひとりひとりの市民が「当事者意識を持って」まちづくりに参画していくことが
# とても大切だと思っていますので、
# このような反対的な意見を持っているかたと議論を深めるのは大変有意義です。

これに対して高校生からは
「高岡を元気にするためだったら、負債など多少は目をつぶれ!」
「万葉線延伸実現後、バス事業者は万葉線と連携し、ダイヤを補完し合ってほしい。」
といった意見が出されました。
(なかなか若者らしい率直な主張です。)

その他、
「キビシイ財政のときこそ、みんなで知恵を出し合って、
 財源をまちづくりに有効に活用していかなくてはならない。」
「まちの魅力を磨くことで、固定資産税、事業所税も増える。
 さらにそこから新たな産業が生まれていく。」

金屋町のかたからは、
「金屋町は観光駐車場がなくて困っている。」
「羽岡あたりに大きな駐車場をつくり、
 延伸された万葉線で観光客を運ぶというアイディアは大変合理的。」
「金屋町で広大な土地を買収し、駐車場整備するほうが税金のムダ遣いとなる。」

「中心市街地にはスーパーがない。まちなかから金屋町を通り昭和町へ、歩いて買い物に行くお年寄りがいる。万葉線延伸は、そういった高齢の方々の足ともなる。良いのではないか。」
といった意見もありました。



19才未満の若者が日本の人口に占める比率はわずか13%ですが、
日本の将来の100%を若者が担っています。

若者の意見を軽視すべきでありませんし、
大人が夢を詰むようなこともすべきではない、と私も考えます。


「大いに夢を語り合いながら、」
「どうすれば高岡が豊かになるのかをみんなで考え、」
「躊躇せず前向きに行動していきたい。」
と思います。
by toidemachi | 2013-11-10 00:01 | 万葉線
第2回 万葉線昭和通り延伸フォーラム(2013/11/9)
c0016003_2373842.jpg


第2回 万葉線昭和通り延伸フォーラム

2013(平成25)年11月9日(土)、
第2回となる万葉線昭和通り延伸フォーラムが
ウイングウイング高岡1Fにて開催されます。

前回(2013/05/11)に開催されたフォーラムの第二弾という位置づけです。

<<前回の様子>>


沿線3高(高岡第一高校、高岡商業高校、高岡西高校)の生徒、及び校長先生らから
「生徒らに安全で便利な通学を!」
という声。

そして、沿線にある金屋町からの
「高岡の魅力発信、高岡の活力創造のためにも延伸を!」
という力強い声が上がった前回のフォーラム。

以降、高岡市議会、高岡商工会議所などでも
万葉線の延伸が議論検討がなされるようになって参りました。


さらに12月には「万葉線延伸を実現させるため新団体」(RACDA高岡とは別の団体)が
結成されるようです。

ここにきて、沿線市民、市議、県議、市民グループらを巻き込んだ
議論の渦が大きくなってきています。


==================================================
今回のイベント概要
==================================================
地域公共交通フォーラム

~ 万葉線の昭和町通り延伸を考える2~

日時 :2013(平成25)年11月9日(土)
    14:00~17:30 (開場13:30)

場所 :ウイングウイング高岡1階 (入場無料)

・14:00-14:10 開会挨拶

・14:10-15:00 基調講演・・・「まちづくりとLRT(次世代型路面電車)」
    講師:中川 大氏(京都大学大学院 教授)

・15:00-15:20 「万葉線、昭和通り延伸の試案について」
    報告:善光 孝氏(京都大学低炭素都市圏政策ユニットOB)

・15:30-16:00 高校生の皆さんによる研究発表会
・16:00-17:00 討論会(パネルディスカッション)

  発表者: 沿線3校の高校生
  進行役: 小林 一也氏(富山県立大学准教授)
  討論者: 中川 大氏
       伊東 与二氏(高岡商業高校校長)
       明  長隆氏(高岡第一高校校長)
       藤井 修二氏(高岡西高校校長)
       般若 慎一郎氏(金屋町まちづくり協議会副会長)

・17:00-17:30 自由討論、質疑応答
・18:00-20:00 懇親会(秋吉2階か?)

主催 路面電車と都市の未来を考える会・高岡(RACDA高岡)
共催 金屋町まちづくり協議会、高岡商業高校、高岡第一高校、高岡西高校
協力 富山県呉西地区公共交通再生研究会(呉西交通研)


==================================================

今回は、沿線高校生の皆さんが自主的にアンケートを取って、
集計&まとめられて発表されます。

楽しみですね♪
by toidemachi | 2013-11-08 23:09 | 万葉線
万葉線の昭和町通り延伸を考えるフォーラム(2013/5/11)
城端線への乗り入れ計画が順調に進んでいる万葉線ですが、
2013/05/11(土)には
万葉線の昭和町通り方向への延伸計画に関するフォーラムが開催されます。

ご興味のあるかたのご参加をお待ちしております。

c0016003_057078.jpg


==================================================
イベント概要
==================================================
地域公共交通フォーラム

~ 万葉線の昭和町通り延伸を考える~

日時 :2013(平成25)年5月11日(土)
    14:00~17:30 (開場13:00)

場所 :ウイングウイング高岡6F (入場無料)

・基調講演・・・「まちづくりとLRT(次世代型路面電車)」
    講師:宇都宮 浄人氏(関西大学教授)

・「万葉線、昭和通り延伸の試案について」
    報告:善光 孝氏(京都大学低炭素都市圏政策ユニット)

・討論会(パネルディスカッション)
  進行役: 小林 一也氏(富山県立大学准教授)
  討論者: 宇都宮 浄人氏
       伊東 与二氏(高岡商業高校校長)
       般若 陽子氏(金屋町まちづくり協議会会長)
       沿線高校生1~2名

主催 路面電車と都市の未来を考える会・高岡(RACDA高岡)
共催 金屋町まちづくり協議会、高岡商業高校、高岡第一高校、高岡西高校
協力 富山県呉西地区公共交通再生研究会(呉西交通研)

==================================================


現在の万葉線路線は、高岡駅から駅前通りへと北東方向へ進み
片原町交差点北西方向へ折れて能町・新湊(越ノ潟)方向へ進んでいます。

「昭和通り延伸案」とは、
片原町交差点を折れずにそのまままっすぐ昭和通りへ路面電車の新線を敷設しよう、
という計画案です。

たたき台となる素案では、
「木舟町山町筋」→「二丁町」→(鳳鳴橋で千保川渡る)→「金屋町」
  →「昭和町」→「横田本町」→(国道8号線を横断)→「美幸町」
  →「高商前」→「羽岡」
・・・となっています。

(メリット1「高校生の足として」)
計画線沿線3高校がそろってこの延伸を高岡市に要望しています。
「生徒の通学時の安全確保」が名目です。
特に雪の降る冬場に自転車通学する生徒による事故がときおり起き
問題となっているとのことです。

延伸線では高校生の定期券収入がある程度見込めそうです。


(メリット2「観光地としての魅力を上げる」)
素案では、北陸新幹線開業後の「羽岡⇔新幹線高岡駅間」の直通運行が
示されています。

高岡市の2大観光町域である「金屋町」と「山町筋」はどちらも
鉄道路線から離れているため、バスと鉄道を使った観光周遊切符が作りにくい、
ことが高岡市の観光上の問題として挙げられていますが、
それが解決します。

また素案では、
「金屋町周辺には大型観光バス駐車場が確保できないが、
 羽岡電停周辺に観光バス駐車場を確保し、観光客の方々には
 万葉線を利用して市街地に入ってもらえないか。」
という考え方も示されています。

新幹線でお越しいただく観光客だけでなく、
バス、自家用車で高岡を訪れる観光客への対策としても考えられています。


(メリット3「沿線住民の利便性向上・高岡中心市街地の活性化」)
延伸予定沿線には大変多くの方々がお住まいになられており、
それらの方々が移動する際に「万葉線で行く」という選択肢が増えます。

新幹線高岡駅や、富山市、金沢市へも行きやすくなりますし、
御旅屋町、末広町、高岡駅周辺のまちの活性化にも大きく寄与しそうです。


(その他のメリット)
・高岡駅前周辺にお住まいのいわゆる「買い物難民」と呼ばれる高齢者の方々にとっても昭和町にあるスーパーマーケット、ドラッグストアで買い物が可能となる。横田本町周辺の大型家電量販店での買い物が可能となる。

・西条小学校へバス通勤している長江地区の小学生にとっても通学が便利になる。
・様々なイベントが開催される竹平記念体育館へも羽岡電停からは徒歩圏となる。
・バス本数の少ない佐加野地区の方々も、羽岡電停を利用できる。


技術的問題点は特に無く、建設費用も近年の公共交通関連の補助金を活用すれば
実現可能な価格が事業費用として見積もられています。

まだまだ細部の調査検討が必要ですが、
このようなフォーラムを重ねて沿線の方々、高岡市民、
そして専門家の方々の知恵を出しあっていけば面白い結果が得られるかもしれません。


コンセプトも、採算的にも、悪くない計画案です。
フォーラムでは密度の濃い議論が深まることを期待します。


~~ -add 2013/05/14 ~~

高岡ケーブルテレビで紹介されたフォーラムのニュースが
しばらくの間、こちらからご覧になることができます。
 ↓ (高岡ケーブルネットワーク 「高岡-i(先週のニュース) 」)
http://www.housoubu.jp/home/VidDetail?owner=user&id=10000438
by toidemachi | 2013-04-29 00:56 | 万葉線