上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
「観光コミュニティバス」大盛況
2006年9月23日(祝)、高岡市の秋を彩る2大まつり
高岡市中田地区で開催される「中田かかし祭」と、
高岡市福岡町で開催される「つくりもんまつり」、
そして、中田、福岡町の中間に位置する戸出町とを結ぶ
「観光コミュニティバス」が本日初めて運行されました。

運行ルート:
JR戸出駅前 → 中田中央公園 → 中田商店街 → JR戸出駅前 → せせらぎ公園(福岡町) → いなほ化工前(福岡町) → JR戸出駅前

「観光コミュニティバス」大盛況
c0016003_11514560.jpg


運行時刻表(戸出駅前発-福岡町行き)
c0016003_1152527.jpg


物珍しさもあってか、戸出駅前のバス停には
乗車できないくらいのお客様の列ができておりました。

私も、家族でこのバスを利用し「つくりもんまつり」へ行こうと考えておりましたが
満員で乗ることができませんでした。
(次のバスを待てなかったため、まつりへは自家用車で行ってまいりました。)

この後、23日夜8時からは戸出銅器団地にて花火大会も予定されております。

互いのまちへの観光客を増やし、
地域の魅力をより高めていく今回のような試みはすばらしいと思います。
これからもよろしくお願い致します。

--------------------------------------------------
「観光コミュニティバス」事業目的

福岡町と高岡市との合併を機に、高岡市内の3商工会地区の観光・イベント等の機会を捉え、相互の住民の交流と理解を深める契機となることを目的とし、実験的にコミュニティバスを運行させることにより、より多くの観光客に、おまつりを楽しんでいただきます。

主催:福岡町商工会青年部、中田商工会青年部、戸出商工会青年部

--------------------------------------------------
第23回中田かかし祭

開催時期 平成18年9月22日(金)~24日(日)

昭和58年から毎年開催されている祭りで、ワラや木など
身辺にある材料を使い、世相を反映したユーモラスなかかしが
中田地区中心街や中田公園等に飾られます。
期間中は、模擬店やよさこい踊りなどの楽しいイベントも多彩です。

--------------------------------------------------
つくりもんまつり

開催日:9月23日~24日

福岡町では昔から、衆生の苦しみを祓い、町内の道端で静かに見守って
いらっしゃるお地蔵様を、青年団や子供たちが1軒の家に集めて、
老若男女が、餅・野菜・果物・お菓子等をお供えし、また夜には
ご詠歌を唱えるなどして供養したり、死者の霊を慰め土地の守護を
祈った「地蔵まつり」という行事がルーツとされています。

長い歳月を経てお供えされた作り物は、戦後野菜に姿を変え
「つくりもん」となり、今では全国に奇祭として知られる
観光行事になっています。野菜・果物・草花を利用して趣向を
凝らした作品は、その年の話題や行事をテーマに時代を反映した
素朴でユーモラスな庶民芸術の風情を醸し出しています。

--------------------------------------------------
[PR]
by toidemachi | 2006-09-23 11:52 | 戸出の紹介
<< 「戸出の高野槇」 ~ 戸出野ふ... 戸出野ふるさと通信(第15号) >>