上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
2017/12/10(日)、城端線開通120年記念シンポジウム
c0016003_15123465.jpg

2017/12/10(日)、城端線開通120年記念シンポジウム
「どう創る 地域の未来と公共交通」
が南砺市「じょうはな座」にて開催されました。


c0016003_15122780.jpg

実行委員長挨拶。座席は7~8割埋まっていました。すごい。


c0016003_15125669.jpg

「地域の未来は変えられる」
 ローカルジャーナリスト 田中輝美氏

田舎にある鉄道の再生事例をたくさんご紹介いただきました。

いまや、ローカル鉄道の6割が乗客数を増やしているそうです。

今後しばらくは人口減少の時代となりますが、
鉄道に乗る人を増やすのではなく、
鉄道に関わる人を増やすのがポイントとのこと。

わたらせ渓谷鉄道の「コラボグッズ」や、
天竜浜名湖鉄道の「車両のカレー」などの紹介いただく。

面白いですねー。将来、城端線沿線でもやってみたい。


c0016003_15130454.jpg

「南砺の未来と城端線の価値」
 地域エコノミスト 藻谷浩介氏

アメリカ合衆国南部における有数の世界都市・ダラスでさえ、
中心市街地は廃墟のようになって人がいなかったそう。

これじゃイカンということで、
まちの賑わいを作り出すために赤字覚悟でLRTを走らせた。

お陰で、中心市街地に店舗や住居が誕生し、賑わいが戻ってきた。
と、いったお話でした。


クルマ社会だと思われてきたアメリカでさえ
LRT、公共交通の方向に向かっている。

先進国ならどこでも、
クルマと公共交通は「移動する手段」として同等に扱われている。
日本だけが立ち遅れている、と。


# ちなみに、ダラスを走っているLRTは日本製。
# 高岡市でも社会実験が行われ、将来走るかもしれない
# 架線レスのリチウムイオン電池式の車両。

また、
「城端、福光、福野や砺波市では子どもが減少しているが、
五箇山にある平地区では子どもが増加している。」

という主旨のお話も印象に残りました。

本当なのか、何故なのか。いつか詳しい人に聞いてみたい。
地域活性化のヒントがありそうな気がします。


c0016003_15125292.jpg

パネルディスカッションの様子

コーディネーター 富山大学副学長 中川大氏
     パネリスト 地域エコノミスト 藻谷浩介氏
           ローカルジャーナリスト 田中輝美氏
           南砺市長 田中幹夫氏
           RACDA高岡会長 島正範氏


c0016003_15124736.jpg
戸出からは”えだせんがぁるず”の「戸出ちゃん」も参戦。


c0016003_15124381.jpg

「じょうはな座」ロビーで開催されたパネル展、ジオラマ、
グッズ販売店も大盛況。


c0016003_15123896.jpg

鉄道唱歌の城端線版。
最近、ハブられがちな戸出も取り上げていて嬉しかった。

戸出の町は庄川の~
伏流水が涌き出でて~
天の川へと注ぎ込み~
七夕まつりもにぎやかに~♪♪


・・・なかなかのセンス。考えてあります。素晴らしい!




[PR]
by toidemachi | 2017-12-13 18:00 | 城端線
「城端線開通120周年記念シン... >>