上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
2016/10/15(土) 市民フォーラムin戸出『なぜ今、城端線』
c0016003_17412583.jpg

2016/10/15(土)、戸出コミュニティセンター2F多目的ホールにて
「市民フォーラムin戸出『なぜ今、城端線』
 城端線を活かすまちづくり」
が開催され、地元のかたなど約40名ほどの参加がありました。

c0016003_17431677.jpg
北陸新幹線開業から1年が過ぎ、
城端線のJR西日本さんからの切り捨て・廃止はかなり遠のいた、
と考えてよいでしょう。

c0016003_17432392.jpg
しかし、「750億円の価値」ともいわれる城端線が
有効に活用されているとは言い難いのではないでしょうか。

増便実験が行われていますが、
依然運行本数は1時間に1本程度。

城端線の活用は、
新高岡駅に速達型新幹線「かがやき」を
たくさん停車させるための最大のキーともなっています。
c0016003_17433098.jpg
LRT化なんて、
とてつもなく大きな投資が必要かと思っていました。

ですが、現在新高岡駅北側で検討されている
「京田踏切アンダーパス」よりも安価で「城端線LRT」が
実現できるようです。とっても安価なんですね。


LRT化で信号を設置することで、
踏切では一旦停止が不要になるそうです。
c0016003_17433784.jpg
--------------------------------------
ゲスト:
  中川 大さん(京都大学大学院 教授)
  松原 光也さん(京都大学大学院 非常勤講師)
  牧 ひさ子さん(戸出野語ろう会 会長)
  長井 進さん(戸出御旅屋の門保全会 会長)
--------------------------------------

地元在住の長井さんと牧さんからは、
城端線と戸出との関係やその役割についての話をうかがいました。


その他、地元・戸出の住民からの声をまとめた
「戸出駅周辺開発計画」も発表されました。

c0016003_18453357.jpg

戸出駅の東側に歩いて暮らせるまちをつくりたい、
といった内容でした。

松原先生からは、
城端線の上下分離方式によるLRT化が提案されました。

c0016003_18401203.jpg
c0016003_18435636.jpg
近年は、公共交通関連の補助金が充実してきており、
鉄道の再生しやすくなってきました。

中川先生からの
「人口が1万あれば充分に魅力的な町である。」
という言葉は印象的でした。
※ 戸出の人口は約1.5万人

c0016003_18424880.jpg
「オーストリアの地方都市は賑わっている。」


→ 日本の地方都市も賑わうようにしたいですね。




[PR]
by toidemachi | 2016-10-16 18:00 | 城端線
<< 福井LRT視察&キーボ乗車体験 2016/09/10(土)「ア... >>