上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
2016/09/10(土)「アプリのアイデア大会 公共交通編」
c0016003_21483989.jpg


2016/09/10(土)、
「アプリのアイデア大会 公共交通編」
がウイングウイング高岡6Fにて開催されました。

c0016003_2148455.jpg


定員30名を大幅に上回る参加者で、
高岡市民の公共交通をなんとかしたいという想いが伺えました。

c0016003_21472736.jpg


-----------------------------------------------------------------

◆第1部◆ 9:45~
セミナー 特別講演
「地理空間情報を地域公共交通の活性化に活かす方法」
東京大学空間情報科学研究センター 特任教授 西沢明先生


 「地理空間情報」とは位置に結び付いた情報のことです。
 具体的には地図、航空写真、様々な施設の情報、人や車の動きの情報などです。
 公共交通では、バス停やバス路線の情報、乗降客の情報が該当します。
 今回は「使える」地理空間情報と地域公共交通の活性化に活かすアイデアを皆で考えましょう。

 高岡市出前講座
 「乗って発展させ よう」 地域公共交通 を利活用するラ イフスタイルへ の転換  

 シビックテック紹介
 「アーバンデータチャレンジ2016」 富山ブロックのお知らせ


◆第2部◆ 11:30~17:30
公共交通
アイデアソンアプリのアイディア大会
アイデアソン
ランチ(各自)
アイデアソン
テータイム
発表・講評
「アイデアソン」とは、アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、特定のテーマについて話し合い、アイデアを創出するものです

--+--+--+--+--+--
定員:30名 参加料:無料  午前のみ、午後のみ、飛び入り参加OK
商品化予定のアプリのアイデアはご遠慮下さい。

-----------------------------------------------------------------

9/10に参加者から出された様々なアイディアは、
1つの案に絞られ、9/24(土), 25(日) 開催される
「とやまシビックテックパーティー」で発表、
さらに練り込まれて後に、アプリを実際に制作するようです。

高岡市周辺の公共交通が
使いやすくなるアプリケーションが開発されることを期待しています。


<参考リンク>
CODE for TAKAOKA


アーバンデータチャレンジ(UDC)2016
「アプリのアイデア大会 公共交通編」のページ

[PR]
by toidemachi | 2016-09-11 21:49 | 城端線
<< 2016/10/15(土) 市... 2016/04/23「城端線活... >>