上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
富山県内各線の利用者の推移
2014(平成26)までの
「富山県内鉄道各線の利用者推移グラフ」
を入手しましたのでご紹介します。
c0016003_15220817.jpg
まず、万葉線と富山ライトレールの動きに目が行きます。

<万葉線>
2002(平成14)、加越能鉄道(株)から第三セクター会社として再生。
以降、乗ってみたくなるLRV新型車両(通称・アカイガー)や、
ダイヤ利便性の向上が図られました。
2008(平成20)には末広町電停が新設。
2012(平成24)には「ドラえもん誕生100年前記念」として
「ドラえもんトラム」の運行が開始させました。

年々続々と様々な話題を提供し、
存在感をアピールし年々利用者を増やしています。


<富山ライトレール>
2006(平成18)、JR西日本富山港線から富山ライトレールとして再生。

全車両が乗ってみたくなる7色のLRV新型車両。
富山駅北での路面電車化、連動するフィーダーバスや、
一躍富山市を国際的な「環境都市」として発展させる
一大契機となりました。

今後、富山市中心市街地を走る「環状線」とも直接接続し、
まずます利便性は向上します。完成は2019(平成31)の予定。


---+---+---+---+---+---+---+---


しかし!ここで注目すべきは、高山本線を始め、
氷見線、城端線も利用者が増えていることです。

<高山本線>
2006(平成18)、婦中鵜坂駅開業と共に列車の増便する
社会実験を開始。

※しかしグラフをみると、2005(平成17)から
 利用者は上向いているよう。

<氷見線・城端線>
2013(平成25)、日中時間帯のみパターンダイヤ化。
 (→北陸新幹線開業に伴い廃止)
2015(平成27)、列車増便(一日4便)社会実験開始。
 北陸新幹線「新高岡駅」に隣接し、
 城端線にも新駅「新高岡駅」が開業。
 城端線利用の団体への運賃補助(南砺市)。
 新幹線と城端線を利用した観光客への市内観光施設、
 民間路線バスをセットにした特別券プレゼント(南砺市)。

※しかしグラフをみると、2010(平成22)から
 利用者は上向いているよう。


さすがは日本の先陣を切って、
先進ヨーロッパ諸国を追いかける我らが富山県です。

日本全国でも同様の傾向があるのでしょうか?気になります。


[PR]
by toidemachi | 2015-12-14 15:22 | 城端線
<< 新高岡駅周辺駐車場。2016/... 氷見線「べるもんた」乗車体験記... >>