上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
いなかでのーんびり『田舎家でへらすま体験!!』(2013/11/24)

第2回目の『田舎家でへらすま体験!!』を2013/11/24(日)に開催し、
今回も東京などからの観光客の方々に戸出を満喫していただきました。



c0016003_09140541.jpg
戸出のスタッフ総出で、観光客の方々をお出迎え。
今回は天候に恵まれ、まちあるきも存分に楽しめました。


c0016003_09144970.jpg

戸出の歴史を物語る珍しい高野槇の巨木の下で休憩しながら、牧先生のお話を伺う。
脇には、毎年4月29日に開催されている「高野槇御神祭」の写真も飾ってありました。


c0016003_09153429.jpg

今回の郷土料理はこちら↑

「赤ズイキ」だとの説明を受けていましたものは、私の子供の頃は「ズキ」と言っていました。


今回も方言の話題で盛り上がりました。
・「さけねぼ」(「ねぼ」って何だ!?)=「鮭」
・「すがうら」=かぶらを炒って煮たもの
・「いろどり」=かぶらをトロ火でゆでた後に漬けたもの

あとは、
「(紅白)なます」に油揚げが入っているのは浄土真宗の篤い北陸地方だけだそうです。
農作業の「藁にょう」や「はすがけ」(刈りとった稲の天日干し)の話なども伺いました。


参加者のかたからの感想として、

「高野槇が良かった。まちのド真ん中なのに巨木の下では空気が違っているように感じた。パワースポットというだけあって、神秘的な力を感じた。」

富山県内在住のかたからも
「戸出にこんなに色々な見どころがあるとは知らなかった。」
「料金以上にお得で、大満足の一日だった。」
といっておられました。


やっぱり戸出で一番の人気観光スポットは
十村(とむら)・川合家跡(戸出御旅屋跡)の高野槇です♪


[PR]
by toidemachi | 2013-11-25 09:16 | 活動紹介など
<< 2013/12/31(土)、第... 「万葉線延伸を考える」市民フォ... >>