上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
「南砺・恋旅」視察
南砺市で行われている「南砺・恋旅」のキャンペーン
「『恋旅』フォトラリー」へ行ってきました。

城端線とも戸出町ともあまり関係のない話ですが、
あみたん娘で盛り上げようとする
高岡市のまちづくりの参考になるかもしれませんので視察に行くしかありません。

「南砺・恋旅」ホームページ
http://www.koitabi-nanto.jp/

キャンペーン・『恋旅』フォトラリーについて
http://www.koitabi-nanto.jp/campaign



キャンペーンを要約すると、
このページ に挙げられた地点で写真を撮れば1枚カードがもらえる。
・3枚カードが集まるとアルバムがもらえる。
・6枚カードが集まれば完成!

私は、あまり時間がない人間なのでクルマで行きやすい場所を選んでまわりました。

1.福野:ヘリオス(カードB)
  ↓
2.福光:IOXアローザ(カードE)
  ↓
3.城端:桜ヶ池クライミングセンター(カードF)

ここでアルバムをGet!
思っていたよりも高級感のあるアルバムで嬉しくなる♪

c0016003_2591679.jpg

暑い日だったので、ヨッテカーレ城端で「やくぜんサイダー」を買い
南砺市さんとP.A.Workさんに感謝しながら、南砺市経済にほんの少し貢献♪

  ↓
4.平:国重文 村上家(カードD)
  ↓
  ↓(細い山の神林道を通って山越え)
  ↓
5.利賀:瞑想の郷(カードA)
  ↓
6.井波:瑞泉寺(カードC)

c0016003_314171.jpg

6枚、コンプリート!
井波名物「いなみ太子飴」を買ってさらに南砺市の経済に貢献。

こんなスバラシイキャンペーンを行なっている南砺市さんとP.A.Workさんは本当にスバラシイ。

この日は良い天気で最高のドライブ日和でした。
南砺市は景色が綺麗だし、店員さんも優しいしやっぱり南砺市は最高やね~♪
楽しかった。

帰宅後、アルバム内容を精査。
c0016003_37187.jpg

うーん、すごく良い。
映画館の売店では2000円くらいで売っていそうな感じ。

見開き1ページ目には、南砺市長さんのごあいさつ文が掲載されています。
そんなアニメのアルバムはきっと世界にこれだけだと思います。
希少価値十分です。

集めたカードをアルバムに入れるところに簡単な仕掛けがしてあってこれも面白い。

c0016003_323060.jpg
(カードを入れる前は、背景画が黒白色でかいてあります。)

c0016003_323249.jpg

(そこにカードを横から入れていくと・・・)

c0016003_3233564.jpg

(キャラが入って背景にも色が付きましたー。)

アルバムには、声優さんへのインタビューも載っていてなかなか楽しめます。


公式ホームページ上は、
「南砺市に来んだらアニメは見られないよー。」
と書かれています。

が、実際には、中国の動画サイトで
世界中の人が自宅でアニメを見ることができる状態になっていました。
(2013/05/20現在)

南砺市は日中友好の先進地ですので、きっと中国のサイトに対しては寛容なのでしょう。
( 『恋旅』エリア放送開始とほぼ同時に中国語字幕版も製作されたようです。 )

---------<中国動画サイトからの引用ここから>------------------------

c0016003_1452396.jpg

---------<中国動画サイトからの引用ここまで>------------------------


中国版ニコニコ動画では、中国の方々も『恋旅』アニメに
微笑ましいコメントを多数書き込んでいただいています。

( 南砺市さんとP.A.WORKSさんは中国でも日本ファンを確実に増やしてくれています。
 日中友好、スバラシイ、感謝します!!)


~~~~ 感想 ~~~~

1. クルマ(orバイク)で、日帰りのコースとして設定されていると思われる。
 富山県や近県の若い男性がメインターゲットだと思われるが、これはもったいない!

 今後はJR駅・南砺市営バス停・加越能バス停の近くにチェックポイントを設定して
 クルマを持っていない人でも回れるようなコースにして、
 是非全国からの集客を目指してほしい、と思いました。

 全国からの集客するのであればさらに少し貴重な商品がもらえるほうがいいかも。
 南砺市内で一泊するとさらに限定グッズがもらえるとか。

 個人的には「恋旅限定グッズ」をお金を出して買いたかった。
 限定グッズをつくってほしい。
 (缶バッジ程度なら、小ロットで完売させられる数量を作れるハズ。)


2. 『恋旅』フォトラリーキャンペーンに行ってきたことを私のまわりに伝えると、
 女性を中心に「私もやってみたい。」という人が続出しました。

 お友達同士で目的を持って色々なところへ行き、
 自分と建物を写真を撮って、ちょっとドキドキしながら係の人にその写真を見せる。

 係の人に「はい。OKです。」って言われて
 「ヤッター!」 ってお友達同士で喜ぶ。タダで綺麗なポストカードが貰える。

 私のように、南砺市さんとP.A.WORKSさんに感謝しようと意識しなくても、
 女性はその場所場所で買い食いし、おみやげ品を買う。
 (女性の財布は大きいので南砺市が潤う。)

 しかし、どうも若い女性には『恋旅』フォトラリーキャンペーンのことは、
 あまり知られていないらしい。
 (南砺市民の一部、P.A.WORKSマニア、まちづくりに関心のある人にしか知られていない?)

 是非もっと、女性にもキャンペーンのことをPRしてほしいと思いました。
 潜在需要は大きいと思います。


3. アニメも面白い。

『恋旅』では約10分の短いアニメが3話あります。

予告編を見ただけでは、
「これは内容も薄く面白く無いだろうなぁ・・・。」
と思っていましたが、これがなんともよく出来たストーリーなのです。

よくぞ10分という短い時間の中に南砺市の美しい風景を織り込みながら
ここまでのストーリーを組み立てた!と感動しました。

ただこれは、南砺市にやって来て、
旅先の落ち着かない雰囲気で楽しむストーリーではありません。
自宅などでゆっくり落ち着いて見てほしいストーリーです。

予告編だけ見せるより、本編もネット上で公開したほうが
南砺市へやってくる人は格段に増えるように思いました。

(さらに南砺市にやってきた人限定に、
 特典映像や、別ストーリーを見せる、というのはどうでしょうか。)

(将来のBD化、DVD化販売する計画があるためこうなっているのでしょうか。)
[PR]
by toidemachi | 2013-05-16 03:04 | その他
<< 2013戸出七夕まつりポスター... 万葉線の昭和町通り延伸を考える... >>