上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
戸出駅(JR城端線)
ページのトップの写真は、JR城端線戸出駅(富山県高岡市戸出町)の写真です。


1897年(明治30年)の城端線(当時は中越鉄道)開業時からの
回廊付きの立派な駅舎です。

屋根は高く威風堂々としており、
玄関口とその左側は乗降・送迎客のために庇が設けられています。
その庇を支える傘形をした柱にも時代を感じさせます。

昭和41年に高岡市に合併されましたが、
城端線沿線の町としては城端、高岡に次ぐ歴史を誇る
旧戸出町の玄関口にふさわしい風格ある駅舎となっています。


城端線は、明治30年に富山県内で最初に開業した鉄道です。

戸出駅は富山県内で最も歴史のある駅舎のひとつであり、
趣と風情のあるその姿は全国の鉄道ファンなどを魅了しています。
[PR]
by toidemachi | 2005-05-16 23:15 | 城端線
<< 戸出野ふるさと通信(第10号) 写真で知る昔の戸出町(富山県高... >>