上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
万葉線、いよいよ城端線乗り入れへ!!
万葉線車両の城端線への乗り入れの方針が
高岡市より示されました。

--------------------------------------------------
万葉線、城端線乗り入れ研究 新幹線の利便性向上
北日本新聞2012年4月28日

 高岡市や第三セクター「万葉線株式会社」は本年度、2015年春の北陸新
幹線開業後を見据え、路面電車・万葉線のJR城端線乗り入れに必要な課題の
研究を始める。乗り入れができれば、新幹線新駅に隣接して設けられる城端線
新駅まで直行でき、万葉線沿線と新幹線をつなぐ利便性が高まる。27日の市
議会新幹線・公共交通対策特別委員会で、市が方針を示した。
 高岡、射水両市をつなぐ万葉線は、両市や県などが出資する第三セクターが
運行している。現在、JR高岡駅北口にある高岡駅前電停は、2014年春の
新ステーションビル開業に合わせ、同ビル1階に移設される。
 ビルの壁を一部改良すれば、万葉線とJR氷見線は接続が可能。氷見、城端
両線の直通化は沿線4市やJR西日本が本年度から課題を整理することになっ
ており、万葉線も含めて一体的に直通化の課題を探ることになる。
 万葉線とJR氷見、城端両線は軌道の幅は同じだが、万葉線は電車、JRは
ディーゼル車と異なっており、車両の選択や安全性確保などが主な課題になる
とみられる。
 高岡市や万葉線株式会社は新幹線開業後に向け、山町や金屋町を経由する昭
和通りへの延伸などについても必要な課題を研究する。延伸の可能性がある道
路の勾配や橋の強度などを調査する方針。開業前を視野に、JRや並行在来線
と相互利用できるICカードの導入も目指していく。

--------------------------------------------------


今のところ、
万葉線車両の乗り入れは城端線の北陸新幹線新高岡駅(仮称)
までの計画となっています。

ですが当然ここは、さらに南へ!

戸出、砺波、福野くらいまでは・・・、
としたいものです。


昭和町への延伸もかなり具体性な事業計画としてまとまっているようです。
観光客だけでなく、昭和町線沿線は人口も多いので
地元住民のかたの利用も期待できると思います。


「新高岡駅(仮称)にはほとんど新幹線が停車しないのでは?」
という噂も聞かれますが新幹線利用客の利便性を高め、
全列車の新高岡駅(仮称)停車を目指したいものです。

(参考リンク)
高岡市 北陸新幹線関連情報

新幹線開業に向けた公共交通ワーキング報告書(概要版)(pdfファイル)

Ⅶ.各種団体等からの提案の検証(pdfファイル)






前回の城端線記事                    次の城端線記事
[PR]
by toidemachi | 2012-04-29 16:39 | 城端線
<< となみ野公共交通フォーラム「W... となみ野公共交通フォーラム 2... >>