上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
戸出物産の再生なるか?「戸出によっといでフォーラム」
2015/02/01(日)、戸出コミュニティセンターにて
「戸出によっといでフォーラム
『人が湧くわく。夢が沸くわく。未来錬金術!』」が開催されました。

c0016003_18183523.jpg

----------------------------------------------------------------------
<第1部>
14:00-14:20 近代化産業遺産としての”戸出物産社屋群”の魅力
    丸谷芳生(富山大学芸術文化学部教授)
14:20-15:00 戸出のまちづくりに活かす”戸出物産社屋群”の保存活用計画
    富山大学芸術文化学部学生(造形建築科学コース)
      学生への質疑応答

<第2部>
15:10-16:00 パネルディスカッション
    ・人が湧くわく。(交流、定住人口増加)
    ・夢が沸くわく。(戸出未来予想図Ⅱ)
    ・未来錬金術!(人、街、産業づくり)
      <パネラー>
        大島 信彦(有限会社チャンスメーカー 代表取締役)
        wakako(Le Grand Beauty Salon 代表)
        村本 隆(株式会社北陸銀行 戸出支店長)
      <コーディネーター>
        近江 清(株式会社フォーシーズンズ 代表取締役)

【参加費:無料】
主催:「戸出によっといで」
後援:高岡市商工会

----------------------------------------------------------------------

主催団体の「戸出によっといで」は、地元の企業家などによる昨年末に発足したグループです。

「お金を生み出す仕組みを考えなくては、地域の活性化は図れない。」
とする経済人らしいユニークなフォーラムの名前でした。

とても寒い日だったにもかかわらず、
事前の予想を遥かに超える方々が参加され、
戸出地域に対する関心が高いことがうかがえました。


<第1部>
富山大学芸術文化学部の丸谷教授からの「戸出物産の魅力」に関する発表では、
織物工場だったノコギリ屋根のトラス構造部分に糸を引っ掛けている写真、
戸出物産内で行われていたお祭り(ダンス大会?運動会?)の写真
など貴重で興味深い写真を見ることができました。
c0016003_22542063.jpg
・「北陸の風土から生まれた黒瓦とのこぎり屋根の融合、
  地域の木造伝統建築技術が支えた建物群は地域の遺産として価値がある。
  戸出の町並みとの親和性も高い。」
・「織物産業は人と機械が一体となった魅力があり、人を惹きつける力がある。」
・「戸出町の繁栄を支えた近代産業の痕跡を残して、
  未来の戸出町の仕掛けとして活かすことが大切。」
といったご指摘をいただきました。

続いて、学生さんから保存活用計画(案)の発表がありました。
農家の副業として発展してきた戸出と麻織物の歴史、
化学繊維の時代に入り天然光が不要となって以降は、
ノコギリ屋根からの採光が不要になったことなど、戸出物産の歴史が発表されました。

大変よく調べられているな、と感心しました。
c0016003_22544096.jpg
そして、
「TOIDE芸術工場(といでアートファクトリー)」
として、地元のひとがふらっと立ち寄ることができ、
アートを発信したい人が集まる複合施設として建物を活用してはどうか?
という提案をいただきました。

富山大学芸術文化学部の学生さんが作られた
戸出物産のノコギリ屋根工場群[再生案]の模型は、
細やかに作られていて参加者の方からの好評を集めていました。
c0016003_18214264.jpg
<第2部>
第2部は、戸出物産の話題とは打って変わり、
地元の企業家などによるパネルディスカッションが行われました。

「戸出は鉄軌道も整備されているが、国道8号線、県道9号線が交わり、
富山県西部で有数の人の往来があり、商業に適した立地となっている。飛躍できる可能性を秘めている。」
「軽トラックで近隣の農家さんが新鮮な野菜などを売る『軽トラック市』などうはどうか。農村が周辺に多くい戸出にピッタリではないか。」
c0016003_22552942.jpg
「戸出には既に、全国からお客様を向かえているお店がある。工夫次第でもっと戸出の商業は延びる。職場があれば、定住人口も増える。」

「これからの時代は『大企業の誘致』ではなく、企業家が集まる地域が有利である。」

「戸出には、富山県のデザインセンター、高岡市のデザイン施設、イタリア・ミラノとの交流施設などが集積しており、3Dプリンターなど全国有数の設備が導入されている。」

「戸出はこの好立地を活かし、デザイナーが集まるような地域になると面白い。ミラノ・デザインに習って、トイデ・デザインとして世界へ売り出していきたい。」

・・・といった夢のある話題が交わされました。


2/2(本日)から2/9までの期間放送されます高岡ケーブルテレビさんの番組「高岡ニュースi」でも紹介されます。(紹介は数分程度とのことです。高岡市以外のかたは

フォーラムの様子は、「高岡放送部」のページにて
ご覧になることができます。

「高岡-i ニュース&話題 2015.2.2放送」の動画をクリックください。
(番組後半で数分程度紹介されています。)


LINK:


[PR]
by toidemachi | 2015-02-02 19:26 | 活動紹介など
<< 「氷見線、城端線が萌えキャラ化... 2015/01/25(日)、「... >>