上は、北陸地方で最も古い鉄道駅舎 近代歴史遺産「戸出駅」
      上杉謙信かかしが、お隣・中田町の「中田かかし祭」をPR中
戸出町観光ボランティア申し込み
2017/12/10(日)、城端線開通120年記念シンポジウム
c0016003_15123465.jpg

2017/12/10(日)、城端線開通120年記念シンポジウム
「どう創る 地域の未来と公共交通」
が南砺市「じょうはな座」にて開催されました。


c0016003_15122780.jpg

実行委員長挨拶。座席は7~8割埋まっていました。すごい。


c0016003_15125669.jpg

「地域の未来は変えられる」
 ローカルジャーナリスト 田中輝美氏

田舎にある鉄道の再生事例をたくさんご紹介いただきました。

いまや、ローカル鉄道の6割が乗客数を増やしているそうです。

今後しばらくは人口減少の時代となりますが、
鉄道に乗る人を増やすのではなく、
鉄道に関わる人を増やすのがポイントとのこと。

わたらせ渓谷鉄道の「コラボグッズ」や、
天竜浜名湖鉄道の「車両のカレー」などの紹介いただく。

面白いですねー。将来、城端線沿線でもやってみたい。


c0016003_15130454.jpg

「南砺の未来と城端線の価値」
 地域エコノミスト 藻谷浩介氏

アメリカ合衆国南部における有数の世界都市・ダラスでさえ、
中心市街地は廃墟のようになって人がいなかったそう。

これじゃイカンということで、
まちの賑わいを作り出すために赤字覚悟でLRTを走らせた。

お陰で、中心市街地に店舗や住居が誕生し、賑わいが戻ってきた。
と、いったお話でした。


クルマ社会だと思われてきたアメリカでさえ
LRT、公共交通の方向に向かっている。

先進国ならどこでも、
クルマと公共交通は「移動する手段」として同等に扱われている。
日本だけが立ち遅れている、と。


# ちなみに、ダラスを走っているLRTは日本製。
# 高岡市でも社会実験が行われ、将来走るかもしれない
# 架線レスのリチウムイオン電池式の車両。

また、
「城端、福光、福野や砺波市では子どもが減少しているが、
五箇山にある平地区では子どもが増加している。」

という主旨のお話も印象に残りました。

本当なのか、何故なのか。いつか詳しい人に聞いてみたい。
地域活性化のヒントがありそうな気がします。


c0016003_15125292.jpg

パネルディスカッションの様子

コーディネーター 富山大学副学長 中川大氏
     パネリスト 地域エコノミスト 藻谷浩介氏
           ローカルジャーナリスト 田中輝美氏
           南砺市長 田中幹夫氏
           RACDA高岡会長 島正範氏


c0016003_15124736.jpg
戸出からは”えだせんがぁるず”の「戸出ちゃん」も参戦。


c0016003_15124381.jpg

「じょうはな座」ロビーで開催されたパネル展、ジオラマ、
グッズ販売店も大盛況。


c0016003_15123896.jpg

鉄道唱歌の城端線版。
最近、ハブられがちな戸出も取り上げていて嬉しかった。

戸出の町は庄川の~
伏流水が涌き出でて~
天の川へと注ぎ込み~
七夕まつりもにぎやかに~♪♪


・・・なかなかのセンス。考えてあります。素晴らしい!




[PR]
# by toidemachi | 2017-12-13 18:00 | 城端線
「城端線開通120周年記念シンポジウム」ポスター完成
2017/12/10(日)に開催される
「城端線開通120周年記念シンポジウム」のポスターができました!
c0016003_18075507.jpg

藻谷浩介氏の講演はいつも面白いですね。
「地域に暮らすからこそ伝えられる」田中輝美氏の講演も楽しみ♪

富山大学に新設される「都市デザイン学部」の中川大先生の
コーディネイトによるパネルディスカッション。

RACDA高岡からの発表にも期待!

12/10は南砺市「じょうはな座」へGO!


[PR]
# by toidemachi | 2017-10-22 18:08 | 城端線
120周年記念、JR城端線・氷見線スタンプラリー
c0016003_17433989.jpg

今年で全線開通120周年を迎える城端線は、
富山県内で最初にできた鉄道です。


全線開通120周年を記念して
「各駅めぐり&スタンプラリー」が実施されています。


夏休みになり、親子でスタンプラリーをまわり、
戸出駅で降りられるかたも、ちらほらいらっしゃるようです。


まるで地元が首都圏になったみたいです。

素敵ですね!!


スタンプラリーは2017/10/31まで

詳細はこちらからどうぞ(砺波市観光協会さんのページ)↓

城端線・氷見線観光ガイド↓

[PR]
# by toidemachi | 2017-08-13 18:00 | 城端線
戸出の「能作」さんで、鋳物師体験!
c0016003_16544934.jpg

今や世界的企業となられた「能作」さん。

移転され、新社屋が2017/04/27(木)にオープンされました。

早速、新しい能作さんで鋳物師体験(要予約)をしてきました。

c0016003_16551178.jpg

c0016003_16551620.jpg
c0016003_16551911.jpg
世界に誇る高岡鋳物。

そのルーツを辿ると、前田利長公によって7人の鋳物師が
戸出の西部金屋から高岡へ招かれたことから始まります。


西部金屋は、現在の庄川(古くは中田川と呼ばれた)のそばにあり
鉱石などが手に入りやすく、製品の搬出にも便利だったのです。

また中世の越中(富山県)の政治の中心であった
守護代・神保氏が代々居城とした増山城からも近かったため、
室町時代、西部金屋は大変栄えていたようです。


・・・そう!

新しい能作さんの社屋は、400年の時を越えて
鋳物師たちの故郷・西部金屋のほどちかくへ戻って来られたのです。

面白いですねー!


工場見学(要予約;無料)もさせて頂きました。

砂の違い、砂および金属原料のリサイクルの仕組み。
製品の研磨の様子など、大変興味深く見学させていただきました。


最寄り駅であるJR戸出駅からは徒歩33分(2.7km)。

ちょっと遠い。

戸出駅に電動アシスト自転車が用意されて、
自転車で能作さんへ行けるようにしたいものですね。

c0016003_16545861.jpg
ロビーにはさまざまな型が展示

c0016003_16550701.jpg
富山県内各地の魅力的なスポットも紹介



[PR]
# by toidemachi | 2017-05-25 16:53 | 戸出の紹介
「戸出野開御印状を読み解く」2017/05/23

今年2017年は、1617(元和3)年の戸出の町立てから数えて
400年目の節目の年を迎えました。おめでとうございます!

今年、戸出地域では様々な団体・グループによって
様々なイベントが企画され、地域全体が喜ばしい年を祝います。

生涯学習団体「戸出を知る会」さんでは、
本多俊彦先生(高岡法科大学准教授)による歴史連続講座を企画されました。

先生は、加賀藩筆頭家老・本多政重から数えて
本多家第16代当主となられる予定でおられるとのこと。スゴい!


第一回目となる2017/05/23(火)の講座では
「戸出開町400年」の根拠とも言える
「戸出野開御印状(といでのびらきごいんじょう)」
の解説が行われました。(於:戸出コミュニティセンター2F・多目的室)

c0016003_16195707.jpg

この「戸出野開御印状」の差出人も本多政重(横山長知との連名)
です。なんて最適な講師選定なのだろう、と再度感動。

c0016003_16200205.jpg

・今は縦20.0cm×横111.5cmという横に長い状態で保管されているが、
 これは上下2つに切られた後、横に繋げられたものである。

・折紙と呼ばれるもので、机の上では書かず、
 紙を持った状態で書かれた。

・大正時代の時点では、元の形状を保っていた。

・普通この紙はこれほどまでに黄色くやける筈がない。
 額に飾られていた時期に、日の当たる場所にあった筈。

・他の元和3年頃に加賀藩へ出された開墾許可申請の場合は、
 「市」を立てる旨は書かれていない。
 また通常では差出人欄は横山長知のみ。

・横山長知は総務全般、本多政重は重要な事柄の場合に署名していた。

・「(満)」の印は、前田利光公の許可を表す。

・戸出は他の開墾願いとは異なり、
 「戸出野開御印状」が発行された時点で、
 ある程度のまちにする、ということで重要である扱いを受けていた。

などなど。

書状一枚からこれほど多くのことがわかるとは思いませんでした。
たいへん興味深い講座でした。

c0016003_16202166.jpg

次回以降の講座も面白そうですね。

次回からでも申し込めば受講できると思います。
ご興味あられるかたは是非、どうぞ。

公開講座ですのでお気軽に!



[PR]
# by toidemachi | 2017-05-24 16:21 | 戸出の紹介
氷見線・城端線「えだせんがぁるず」PV映像完成
氷見線・城端線を勝手に応援する「えだせんがぁるず」の
PV映像が完成しました。


みなさん氷見線・城端線へお越しください!

[PR]
# by toidemachi | 2017-04-08 00:00 | 城端線
福井LRT視察&キーボ乗車体験
「新型車両に乗って福井中心市街地の賑わいを見てこよう!」

ということで今、話題のLRT先進地・福井市へ視察に行ってきました。

鉄道会社のページを見ても、googleマップを見ても
郊外からの列車が市内軌道にどうやって入っていくのか
なかなかわかりませんでしたが、がんばりました。

c0016003_14325828.gif
(上の地図:路面電車ニュースさんより)

えちぜん鉄道三国芦原線の列車のうちの一部が
「田原町」から南に折れて、市内軌道へ入る。

残りの列車はそのまま東に向かってJR福井駅の東側までへ行く。

市内軌道へ乗り入れる新型LRVの始発は「鷲塚針原駅」と判明。
というわけで、鷲塚針原駅へGo!

c0016003_14312775.jpg
鷲塚針原駅遠景

c0016003_14314566.jpg
鷲塚針原駅パークアンドライド駐車場(P&R)

福井県の私鉄の多くの駅には小規模なP&R駐車場が設けられている。
鷲塚針原駅のものは2箇所に分かれて23台分もある。

沿線自治体が費用を負担しているのか?県から補助があるのか?
社会的な便益が得られるとしても、どうやって実現できたのか。

今度、福井の人に聞いてみよう。凄いぞ、福井!

c0016003_14315568.jpg
鷲塚針原駅駅舎

昭和3年開業当時の趣を残す駅舎は登録有形文化財に指定されている。

一方、
明治30年開業の駅舎が3つもある城端線の各駅舎(戸出、福野、城端)は無指定。
・・・少し残念です。

c0016003_14321328.jpg
えちぜん鉄道の路面電車「キーボ」"ki-bo"

手前のホームは高床車両ホームで、奥が低床車両ホーム

c0016003_14312313.jpg
社内はキレイ

c0016003_14314041.jpg
途中駅(高床ホームと低床ホーム)

田原町~鷲塚針原間の駅はすべて改修されて、
高床ホームと低床ホームの両方を持つようになったらしい。スゴイ!

c0016003_14320828.jpg
従来からの高床車両とすれ違いがあったり・・・

これは三国湊行きの従来タイプ

c0016003_14322444.jpg
他の低床車両とすれ違いがあったり・・・

これは福井鉄道の路面電車「フクラム"FUKURAM"」(緑)
越前武生発の鷲塚針原行きらしい。

低床、高床、様々な車両のすれ違いが見られる路線は日本でここだけ?
スゴイ!スゴイ!

c0016003_14322904.jpg
電光掲示板

低床/高床、どちらのホームで待てばよいかわかるよう
電光掲示板に表示されている。
上の写真では「低床車」とある。

c0016003_17273248.jpg
福井駅前通り

「市役所前」電停でキーボを降りて中心市街地を散策。
春の陽気のなか、まちを歩く人が多くて気持ちがいい。

ヨーロッパでは、ほとんどのお店が閉まっている日曜日に
市街地に出向いてまちの雰囲気を楽しむそうです。

(買い物しなくてもイオンモール散策が楽しいのと同じ理屈ですね。)

福井の中心市街地にはそれに似た魅力があります。
福井は日本一ヨーロッパ的なまちなのかもしれません。

c0016003_14311856.jpg
福井駅前「ハピリン」

富山市のグランドプラザを参考にしたと思われる屋根付き屋外広場。

イベントも色々行われるらしい。大型テレビもあって良い感じです。

c0016003_14313581.jpg
プラネタリウムもあります。

c0016003_14320497.jpg
路面電車「フクラム"FUKURAM"」(橙)

別のLRVが駅前にやってきました。

JR福井駅、えちぜん鉄道福井駅とは少し距離があるよう。
将来はもっと近づくのかな?

それとも、福井駅の東側へと延伸していくのかな?

c0016003_14313169.jpg
高架工事中

もうすぐ福井開業する北陸新幹線の高架ではなく、
えちぜん鉄道の高架だそうです。

c0016003_14310857.jpg
えちぜん鉄道福井駅前「恐竜王国ふくい」

家族連れが市街地を楽しめる
こういう仕掛けはスバラシイですね。

c0016003_14315999.jpg
工事中の高架(えちぜん鉄道ホームから)

今、えちぜん鉄道ホームとなっているところが北陸新幹線のホームになって
今、工事中の高架は新たにえちぜん鉄道ホームになるそう。

c0016003_14322001.jpg
改札鋏だー。

改札鋏、数十年ぶりに体験。
懐かしー。

かつての戸出駅の改札鋏は凸型で
指の肉がハマって楽しかったことを思い出しました。

c0016003_17074407.jpg
福井名物・水羊羹(水ようかん)

オススメのお土産は福井名物「
水ようかん」。

冬季(3月末まで)限定。黒砂糖と風味と寒天の食感が楽しめました。




[PR]
# by toidemachi | 2017-04-05 18:00 | その他
2016/10/15(土) 市民フォーラムin戸出『なぜ今、城端線』
c0016003_17412583.jpg

2016/10/15(土)、戸出コミュニティセンター2F多目的ホールにて
「市民フォーラムin戸出『なぜ今、城端線』
 城端線を活かすまちづくり」
が開催され、地元のかたなど約40名ほどの参加がありました。

c0016003_17431677.jpg
北陸新幹線開業から1年が過ぎ、
城端線のJR西日本さんからの切り捨て・廃止はかなり遠のいた、
と考えてよいでしょう。

c0016003_17432392.jpg
しかし、「750億円の価値」ともいわれる城端線が
有効に活用されているとは言い難いのではないでしょうか。

増便実験が行われていますが、
依然運行本数は1時間に1本程度。

城端線の活用は、
新高岡駅に速達型新幹線「かがやき」を
たくさん停車させるための最大のキーともなっています。
c0016003_17433098.jpg
LRT化なんて、
とてつもなく大きな投資が必要かと思っていました。

ですが、現在新高岡駅北側で検討されている
「京田踏切アンダーパス」よりも安価で「城端線LRT」が
実現できるようです。とっても安価なんですね。


LRT化で信号を設置することで、
踏切では一旦停止が不要になるそうです。
c0016003_17433784.jpg
--------------------------------------
ゲスト:
  中川 大さん(京都大学大学院 教授)
  松原 光也さん(京都大学大学院 非常勤講師)
  牧 ひさ子さん(戸出野語ろう会 会長)
  長井 進さん(戸出御旅屋の門保全会 会長)
--------------------------------------

地元在住の長井さんと牧さんからは、
城端線と戸出との関係やその役割についての話をうかがいました。


その他、地元・戸出の住民からの声をまとめた
「戸出駅周辺開発計画」も発表されました。

c0016003_18453357.jpg

戸出駅の東側に歩いて暮らせるまちをつくりたい、
といった内容でした。

松原先生からは、
城端線の上下分離方式によるLRT化が提案されました。

c0016003_18401203.jpg
c0016003_18435636.jpg
近年は、公共交通関連の補助金が充実してきており、
鉄道の再生しやすくなってきました。

中川先生からの
「人口が1万あれば充分に魅力的な町である。」
という言葉は印象的でした。
※ 戸出の人口は約1.5万人

c0016003_18424880.jpg
「オーストリアの地方都市は賑わっている。」


→ 日本の地方都市も賑わうようにしたいですね。




[PR]
# by toidemachi | 2016-10-16 18:00 | 城端線
2016/09/10(土)「アプリのアイデア大会 公共交通編」
c0016003_21483989.jpg


2016/09/10(土)、
「アプリのアイデア大会 公共交通編」
がウイングウイング高岡6Fにて開催されました。

c0016003_2148455.jpg


定員30名を大幅に上回る参加者で、
高岡市民の公共交通をなんとかしたいという想いが伺えました。

c0016003_21472736.jpg


-----------------------------------------------------------------

◆第1部◆ 9:45~
セミナー 特別講演
「地理空間情報を地域公共交通の活性化に活かす方法」
東京大学空間情報科学研究センター 特任教授 西沢明先生


 「地理空間情報」とは位置に結び付いた情報のことです。
 具体的には地図、航空写真、様々な施設の情報、人や車の動きの情報などです。
 公共交通では、バス停やバス路線の情報、乗降客の情報が該当します。
 今回は「使える」地理空間情報と地域公共交通の活性化に活かすアイデアを皆で考えましょう。

 高岡市出前講座
 「乗って発展させ よう」 地域公共交通 を利活用するラ イフスタイルへ の転換  

 シビックテック紹介
 「アーバンデータチャレンジ2016」 富山ブロックのお知らせ


◆第2部◆ 11:30~17:30
公共交通
アイデアソンアプリのアイディア大会
アイデアソン
ランチ(各自)
アイデアソン
テータイム
発表・講評
「アイデアソン」とは、アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、特定のテーマについて話し合い、アイデアを創出するものです

--+--+--+--+--+--
定員:30名 参加料:無料  午前のみ、午後のみ、飛び入り参加OK
商品化予定のアプリのアイデアはご遠慮下さい。

-----------------------------------------------------------------

9/10に参加者から出された様々なアイディアは、
1つの案に絞られ、9/24(土), 25(日) 開催される
「とやまシビックテックパーティー」で発表、
さらに練り込まれて後に、アプリを実際に制作するようです。

高岡市周辺の公共交通が
使いやすくなるアプリケーションが開発されることを期待しています。


<参考リンク>
CODE for TAKAOKA


アーバンデータチャレンジ(UDC)2016
「アプリのアイデア大会 公共交通編」のページ

[PR]
# by toidemachi | 2016-09-11 21:49 | 城端線
2016/04/23「城端線活性化 市民団体連携隊」が発足

c0016003_2194558.jpg


-------------------------------------------
城端線活性化へ結束 6市民団体が「連携隊」
-------------------------------------------
「北陸の私鉄」ホームページさんのブログより

 「城端線活性化 市民団体連携隊」の結成会議が4月23日、
高岡市のウイング・ウイング高岡で開かれ、高岡、砺波、南砺市の6市民団体が
JR城端線の活性化を目指して、相互交流の充実や
情報交換を進めることを確認した。

 城端線は1897(明治30)年、中越鉄道として開通。
昨年、北陸新幹線開業で新高岡駅とつながり、利便性が向上している。

 連携隊を結成した市民団体は、
県呉西地区公共交通再生研究会、
南砺の城端線を活かす会、
ふるさと城端線応援団、
城端線砺波市利用促進実行委員会(通称・城端線もりあげ隊)、
戸出地区未来創造異能種会議「戸出によっといで」、
路面電車と都市の未来を考える会・高岡(通称・RACDA高岡)。

 会議には約30人が出席し、結成決議文を採択した。
意見交換会では「乗客を増やすには少子化問題の解決が重要」
「来年は中越鉄道開通130周年。記念イベントをやりたい」
などの声が上がった。

 宇都宮浄人関西大教授が「地域の鉄道を活かすために」と
題して記念講演した後、宇都宮浄人氏と
参加6団体代表がディスカッションを行った。

-------------------------------------------

南砺市、砺波市、高岡市の3つの自治体から
市民グループが集まったのは初めてです。

北陸新幹線が昨春開業し、城端線にも新駅が誕生しましたが、
これらを活用していこう!という目立った動きは
これまで見られませんでした。

今後が楽しみです。

c0016003_2110745.jpg

[PR]
# by toidemachi | 2016-05-11 21:11 | 城端線